男性機能低下予告

男性機能の低下を感じませんか?具体的に言えば、セックスのときに満足のいく硬さにならない、朝立ちをしなくなった、など、若かったあの頃とは明らかに違うことに気がついたら、注意が必要です。

朝立ちを感じなくなったら注意!男性機能衰退予告

いわゆる朝立ちは、男性機能の健全さを図るステータスです。
若い男性の多くが起床した際、自然と下半身にテントを作ります。
そのため10代から20代の男性にとって、朝立ちは日常茶飯事です。
男性機能が健全に働いているため、排尿に困る程、激しく勃起する人々もいらっしゃいます。

また男性機能が極めて健全な方は、朝立ちがなかなか収まりません。
勃起したままでは当然、食事やトイレ、通学や通勤が出来ませんので、朝立ちを抑えるため、早朝からマスターベーションでリフレッシュする学生や若者も少なくないのです。

一方で30代、40代、50代と年齢を重ねてくると、朝立ちの頻度が減ってきます。
朝立ちがまるで発生しなくなった場合は、男性機能が著しく衰退している事の予告として厳しく解釈しなければいけません。
有り体に言えば、朝立ち回数がゼロになりますと、慢性的なED症状になる恐れが高く、たかが朝立ちと、侮ってしまってはいけないのです。

メンズクリニックの問診票にも「朝立ちは出来ますか?」といった問いが記載されています。
朝立ちとは性欲とは別に働く生理的な現象であり、無意識で起きる現象ゆえに、個人が持っている男性機能の健康具合が正しく現れるのです。

朝立ちしない日が頻繁に現れた時は、素直に専門医のカウンセリングを受けましょう。
EDの程度が軽い段階であれば、専門医の指導だけで治療出来ます。
またEDがある程度、進行してしまっていた場合でも、クリニックに行けばED治療薬が処方されますので、再び一人の男性として夜の生活が楽しめる日々が取り戻せます。

また男性機能にまるで問題はないが、近頃朝立ちした覚えがない、という方々は下着をチェックしましょう。
ボクサーパンツのような密着性が高い下着だと、本来は朝立ちするはずのペニスが生地によって抑えこまれてしまいます。
本当は朝立ちしているにも関わらず、下着が原因で自覚し難い事もあります。

★いつまでも元気な男でいたいなら
ペニソール